【コロナウィルス】ドゥマゲテで差別されて思ったこと

【コロナウィルス】ドゥマゲテで差別されて思ったこと

Maayong hapon!
マアァユン・ハプゥン!
(ビサヤ語で午後の「こんにちは!」)

周りに助けられていると感じた
しげとうみゆき(@miyukishigeto)です。

先週ドゥマゲテのダウンタウンで
トライシクルに乗った時や
マッサージを断られたことなど
差別的な態度をとられ悲しいことがありました。

なので
SNSに投稿したんです。

マスクが有効かどうかというのは
ちょっと置いておいて…。

この投稿に特に反応したのがヨーロッパの友人達とフィリピン人。

みんな私の友達なので
慰めてくれたのですが
こうしてそれぞれの考えをやりとりする中で見えてきたことを記事にしました。

当たり前ですが
「コロナウィルスが怖い」
というのはみんなあります。

私だって怖い。汗
子供が感染したなんてことは考えたくないですし。

怖いけど
例えうっかりだとしても
コロナウィルス=中国人
という短絡的な考え方には賛成できません。

確かに発症元は中国で
陽性が出たのはほとんどが中国人というのも分かりますが
ウィルスとイコールにはなりません。

差別というのは
歴史を振り返っても
根拠のないものがほとんど。

大体はなんらかの「恐怖」から始まっていることだったりします。

ちょうどドゥマゲテでコロナウィルスについてのニュースが一気に広がった
先週末
お隣のデンマーク人がオススメしてくれたマッサージに行きました。

マッサージは免疫力を上げるからいいねと思ったのですが
奥の部屋でマッサージ師が沢山暇そうにしているにも関わらず
思い切り冷たく断られました。泣

私は中国人じゃない
というのも違うと思い
理解の浅い様子に悲しくなり
他のマッサージ屋へ行ったらそこではOK
中国人のお客さんもいました。

次の日
私のその話を聞いて
デンマーク人がマッサージ屋に苦情を言ってくれたのでした。嬉泣

素直に謝っていたとのこと。

断ったマッサージ屋は
恐怖からくる感情と
私のこの平たい顔に反応してのとっさの行為で
従業員を守る思いもあったんだと思いますが
頭ごなしに断るよりも
ウィルスについて心配ならもっと心に寄り添った会話をする余地があっても良かったのではないかと思いました。

ドゥマゲテの人の何割かは
マスクしてるってことは病気なんでしょう?
みたいな考えがあるのも伺えました。

気持ち分かるよ!
でもそういったのが行きすぎると
差別になるのですよ。

この数回の差別を受けて
ドゥマゲテでもみんなに理解を深めてほしいと
私の投稿を共有してくれた
フィリピン人の友人にも感謝しました。

そこで整理しておきたい
【コロナウィルスについてすべきこと】
・正しく情報を知るということ
・フェイクニュースに踊らされないよう自分の頭で冷静に考えるということ
・マスクは効果がないとは言われていますが
それはお互いを思いやる気持ちからしていること
・手洗いとうがい
・アルコール消毒
・免疫力を上げる
・心配ならむやみに人ごみの多い場所へ行かない

早くこの騒動が
世界規模で解決されることを毎日祈っているのでした。

それでは
Kita ra ta unya!!
キタ ァラタ ンニャ!!
(ビサヤ語で「またね!!」)

フィリピン生活カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。