【コロナウィルス】学校の対応と我が家の対応について

Maayong hapon!
マアァユン・ハプゥン!
(ビサヤ語で午後の「こんにちは!」)

引き続き
コロナウィルスについてです。
しげとうみゆき(@miyukishigeto)です。

様々な情報が行き交い
目まぐるしい中
コロナウィルス感染者が死亡したというニュースを聞いた辺り1/31(金)〜2/4(火)は
偶然学校を休んでおり
Cittadini(シタディーニ)は
2/5(水)〜7(金)の3日間学校閉鎖となりました。

他の学校はもっと迅速に対応していたというのもあり
私としてはシタディーニの対応が遅いという印象。

ムスメは自由気ままな1週間を過ごし
2/11(火)まで休ませて様子をみようと思っていたのですが
月曜日になっても休んでいたのでいよいよ学校から
「なぜ休んでいるのか?」と伝言が来ました。

シタディーニは突発的な休みについて
ダイアリーという連絡帳に理由を書込み
事後報告するというスタイルなので
こんなことになったのでした。

ちょうど今日からおそるおそる登校させたのですが
学校は普段通りに戻っていて
マスク着用の学生は少しだけ。
(マスクをつけるには暑すぎる…。)

お昼にやってくる親の様子も見てみると
私には分からないだろうとビサヤ語でコロナウィルスのことを話しながら
あからさまにお友達をムスメに近づけない親もいて
ちょっと悲しかったのですが
まぁまぁ普通に戻ったかなといった感じ。

感染者が宿泊したホテルがここからすぐ近くにあって
ホテルのフタッフは検査や観察下にあって
陰性が判明したのは先週末。

みなホッとしたのかもしれないけれど
潜伏期間は長く
30日とも言われています。

それを聞いて
今日から通わせるのは早すぎたのかもしれないと思いつつ
何事もないよう祈りながら
結局いつも通りの生活に戻ったのでした。

フィリピン政府は
中国や香港
台湾からの観光客を受け入れないと
迅速な判断をしたのですが
いざ現地になると
情報を鵜呑みにしたり
その割には判断がゆるかったり
平たい顔だけで人種差別をしたりと
なんだかごちゃごちゃしています。

もちろん
正しく情報を読み解き判断ができている
良識のある人もいます。

日本の政府は
何か狙いがあるのではないかと心配になるくらいに
コロナウィルスについての対応がゆるすぎて
日本人である私ですら驚きを隠せないでいます。

このままでは危険すぎると思います。

とにかく
免疫をあげたり
手洗いやうがいなど
しっかりと対策を打ってください!

日本にいる家族や友人
みなさんが無事であることを切に祈っています。

それでは
Kita ra ta unya!!
キタ ァラタ ンニャ!!
(ビサヤ語で「またね!!」)

フィリピン生活カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。