バレンタインデー@ドゥマゲテ

Maayong hapon!
マアァユン・ハプゥン!
(ビサヤ語で午後の「こんにちは!」)

ケンカはなしよ♡
しげとうみゆき(@miyukishigeto)です。

今日はバレンタインデーです。

前日に学校から何か赤い服を着てくるようにと連絡帳に書いてあったので
赤いTシャツと赤いリボンをつけて登校しました。

ほぼ毎朝会う赤いおばあちゃんにもあいさつして
今さらながら気づいた
赤いおばあちゃんは毎日がバレンタインデー
バレンタインガールなのね…♡

連絡帳に書いてあったので当たり前ですが
学校へ行ったらみんな真っ赤!

こういったちょっとした計らいを眺めるのが
なんだか楽しいというか嬉しくて
シタディーニの好きな一面です。

女の子はかわいいワンピースを着ていたりするので
男の子が素直にかわいいと言えずに
からかってケンカになったり
それを「バレンタインだからケンカはやめよう♡」って止める子がいたり
(ムスメの報告)を聞いて
ほっこりしました。

ムスメは好きな男の子と
担任の先生と
いつもお世話になっているジェス先生へ小さなプレゼントをしました。

夜は近所のショッピングモールで用を済ませ
ついでにいつものカフェで夕食をしましたが
モール内で出会う顔見知りのスタッフはみな
“Happy Valentine‘s Day~~♡”と声をかけてくれました。

ドゥマゲテは8割がカトリックですが
バレンタインについての歴史を説明できる人はどれくらいいるのかなと思いつつも
みな幸せオーラがムンムンだからいっか。笑

バレンタインの祝い方は大好きな人にプレゼントをしたり
家族で一緒に過ごしたりします。

日本のような女性から男性への一方通行しばりなど
愛情表現や範囲が限定されておらず
感謝の意味も含んでいる様子で
同じイベントでも所変われば違うものです。

フィリピン人に日本のバレンタインデーと
ついでにホワイデーを教えたら驚いていました。

私はといえば
バレンタインデーにはチョコレートの何かを作って
主人と義父と父に毎年プレゼントしていましたが
今年は南の離れた小さな街から
主人にメッセージのみでした。苦笑

来年はどうなるかな。

それでは
Kita ra ta unya!!
キタ ァラタ ンニャ!!
(ビサヤ語で「またね!!」)

フィリピン生活カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。