【2020年】フィリピンで運転免許取得〜SP(仮免)編〜

【2020年】フィリピンで運転免許取得〜SP(仮免)編〜

Maayong hapon!
マアァユン・ハプゥン!
(ビサヤ語で午後の「こんにちは!」)

人生初の経験をしている
しげとうみゆき(@miyukishigeto)です。

バイクに乗るため
運転免許を取得することにしたので
免許の前に取得しておく必要のある
SP(Student Permit)という仮免的なものを申請してきました。

まずは今日のSP取得で体験した要約です。

【SP取得の流れ】

1.メディカルチェック
2.LTOで必要書類と申請書の提出
3.支払い

【必要なもの】

1.パスポート
2.パスポートの名前や写真があるページのコピー
3.今までのフィリピン渡航歴スタンプがついているページをコピー
4.ACR-I カード(外国人登録証)の裏表コピー
5.メディカルチェックの結果用紙

【費用】

SP費用
内訳
申請料 100ペソ
Student Permit 料 150ペソ
手数料 67.63ペソ
合計317.63ペソ(会計では318ペソって言われます。)

メディカルチェック 330ペソ

合計 648ペソ

【免許取得について】

SP取得の1ヶ月後に
もうひとつのLTOへ行きテストを受けますが
受けに来るよう知らせなどはないので
自分から出向いて受験します。

【私が経験したSP取得の流れ】

7:15
LTO(Robinson裏手)

a

すでに7人くらいが待っていたけれど
列などはなく
みなその辺に座ったりブラブラしたり…。笑

7:30
LTO開かず

8:00
オープン…
ゆるっ

8:10
LTOスタッフにたずねると
まずはメディカルセンターへ行くよう言われる。

LTOの左隣のメディカルセンターへ行き
SPを取りに来た旨を話すと313ペソ支払い
書類に
名前
住所
電話番号
体調や通院歴など記入し
その辺にいるスタッフに渡す。

名前を呼ばれて検査&したこと
血圧
体重測定
身長測定
視力検査
血液型と+か-
小型カメラで顔写真撮影

8:30
medical certificateをいとも簡単に入手。

LTOに再び戻ると窓口に不機嫌なおばさん。

ACRIカード裏表と
今までのフィリピン渡航歴のスタンプがあるページのコピーが必要ということが分かり
Robinson内でコピーはできるのだけど
開店は10時からなので
午後仕切り直すことに。

12:30
ムスメと学校でランチを食べ終えた後
学校で必要な書類をコピー。

13:00
再びLTOにて
必要書類を提出
申請書に記入

窓口で書類提出し
左端の椅子に座るよう言われ
またしても小型カメラで顔写真撮影
318ペソ支払い
壁にある誓約を右手を上げて音読し誓いを述べる

13:30
おしまい♪

 

【感想】

激混みを予想していましたが
朝も午後もガラガラに空いていました。

そして
いとも簡単に終わって
ちょっと驚きでした。

メディカルチェックも
本当に簡単な内容で
視力検査も適当な感じでした。

とりあえずSPは取得できたので
1ヶ月後の試験に向けて勉強を頑張ろうと思います。

勉強は
ルールについてや復習テストなど
Web上にあるので
免許取得をお考えの方は以下のリンクから是非チェックを!

交通ルールと筆記試験内容について

それでは
Kita ra ta unya!!
キタ ァラタ ンニャ!!
(ビサヤ語で「またね!!」)

フィリピン生活カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。