ロックダウン中のイースター@ドゥマゲテ

Maayong hapon!
マアァユン・ハプゥン!
(ビサヤ語で午後の「こんにちは!」)

自粛生活10日目に突入した
しげとうみゆき(@miyukishigeto)です。

今日はムスメと米粉のバナナパンケーキを作り
それとお茶のセットで
夏の強い日光が差し込むまでの間
ベランダでひなたぼっこ(自粛生活の日課)をしていると

SNSでお友達の投稿を見て
あ…今日はイースターだった…
とまぁイベントごとにことごとく意識が低いのですが
せっかく引きこもっているんだったら
卵もあることだし
家の中でイースターを楽しもうと思いたちました。

イースターとは
イエス・キリストが十字架に磔(はりつけ)にされ死んだ3日後に復活したことを記念した祭りで
別名「復活祭」とも言います。

カトリック教徒が多くを占めるフィリピンは
Holy Week(聖なる1週間)として重要視していて
国の祝日にもなっています。

この復活祭の40日後にイエスは昇天されるそうで
昇天祭と言われています。

説明はこの辺にしておいて
キリスト教信者ではありませんが
こういったことに意識を向けるきっかけということで
結局私とムスメがしたことは家の中でできる
・ゆで卵を茹でる
・親子で卵にペイント
・ムスメ家の中でエッグハントする
・復活祭について知る
くらいですが
これが結構楽しくて
有意義な時間を過ごせました。

アクリル絵の具で卵に描くのにハマり
なんとなく取っておいた
目玉焼きを作った時に出た卵の殻に色々描いたり
私が卵を隠した後に
ヒントとムスメが最近覚えた東西南北を紙に書いたのを元に
ムスメは家中に隠された卵を探して回り
はしゃいでいました。

奥底に隠したりせず
シンプルに仕立てたエッグハントだったのにも関わらず
ムスメあたふたしてヒントをじっくり読んで考えない
ボケ連発をかましてなかなか見つけることができず
東京にいる夫とLINEトークをしながら
ふたりして探している姿を見て
母的にはとても楽しませてもらいました。

アパートの敷地内では
近所の子供たちは未だに濃密接触中で
ムスメは家に引きこもっているわけですが
それなりにステキな隠居デーだったと思いました。

他にも色んな楽しいことを考えてやってみるいいきっかけにもなったなぁ。

それでは
Kita ra ta unya!!
キタ ァラタ ンニャ!!
(ビサヤ語で「またね!!」)

フィリピン生活カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。